Be My Valentine!

Be My Valentine!

2016年、早くも2月に入りましたね。
女性の方はそろそろバレンタインが気になってくる方が増えてきたのではないでしょうか?
バレンタインデーは聖バレンタインという実在したキリスト教の聖人が愛を唱えたことで、“愛を伝える日”とされています(諸説あり)。
日本のバレンタインは1936年にチョコレート業者が“恋人に贈り物をする日”として宣伝したのをきっかけに、女性が男性にチョコレートを渡すのが一般的になっていますが、海外はどうやら違うようなので今回はアメリカのバレンタインを紹介します。

 

 

アメリカのバレンタインはなんと、女性ではなく男性がプレゼントをします。

fff4020a8f7345289ebd3fb01c78569a_s

プレゼントするものはチョコレートだけでなく、赤いバラの花束やジュエリー、風船やぬいぐるみなど様々です。
男性はレストランの予約もして、夫婦や恋人同士でロマンチックなディナーをするのがスタンダードな過ごし方なようです。
日本では意中の相手に告白する、というイメージですが、アメリカではお世話になっている人に対して愛や感謝の気持ちを贈る、という日なんですね。
子供たちは学校行事として男女関係なくプレゼント交換を行います。
ちなみに、義理チョコというものはありません。ホワイトデーもありません。ホワイトデーは日本独自の文化なのです。

同じイベントなのにこんなにも内容が違うのはやはりお国柄なのでしょうか?
それにしてもアメリカのロマンチックなバレンタイン、味わってみたいなと切に願います…!笑

 

 

 

https://www.gaiafunding.jp/