アリゾナ州のシニアハウジング

アリゾナ州のシニアハウジング

アリゾナ州のシニアハウジング

 

こちらアメリカでは、8月21日はシニアシティズンズ・デーでした。1988年、ロナルド・レーガン大統領の呼びかけにより制定され、日本の敬老の日のように国民の祝日とはなっていませんが、高齢者への感謝の気持ちを表す日として、シニア施設などで催し物が行われたりします。

 

今回のブログでは、シニアがリタイア後の移住先として選ぶ人気の場所の1つ、アリゾナ州をご紹介させていただきます。アリゾナ州は以下地図にありますように、アメリカ南西部に位置し、温暖で過ごしやすい州です。アメリカのサンベルト地区の中でも、テキサス州やフロリダ州と並び、退職者の移住先として、長い間とても人気がある州です。有名なForbs誌等の雑誌のランキングでは、リタイア後に最も過ごしやすい州の中の1つに選ばれています。

 

アリゾナ州といえば、「金持ち父さん貧乏父さん」の著者として有名なロバート・キヨサト氏も住んでいるフィニックス市郊外の高級住宅地などが有名ですが、一年を通して寒い思いをせずに過ごせ、さまざまなレジャーの選択肢があるなど、非常に魅力的で、近年、人口が急激に増加したことが記憶に新しいです。米商務省国勢調査局によると、特にフィニックス市があるアリゾナ州の中心部マリコパ郡は、この2年連続で、全米約3,200の郡の中で最も人口が増加したとのことです。

アリゾナ州は、砂漠気候で有名ですが、木々が茂り雨も降る山岳地方など、季節を感じることができるエリアもあります。また、フィニックスのような都市から、大自然に囲まれた小さな町まであり、様々なライフスタイルを好む退職者たちも多く惹きつけています。

 

砂漠エリアではアレルギーの元となる植物もあまり生息しておらず、乾燥しているため、アレルギーや喘息等の疾患がある人でも快適に過ごせるという利点もあります。

 

この自然豊かなアリゾナ州では多種多様なアクティビティーを楽しむことが可能です。魚釣りが好きな人はコロラド川などでフィッシング、散策が好きな人はグランドキャニオンやセドナ等の国立・州立公園で雄大な自然の中をハイキングなど。冬は、山岳エリアでスキー、気候が良いエリアではゴルフも楽しめます。

 

アリゾナ州は隣のカリフォルニア州などに比べると物価が安いだけでなく、リタイアした人々のために税金の優遇もあります。リタイア後、貯金を使いながら生活する人々には、経済的にも魅力的な州です。

 

アリゾナ州に多数あるシニアレジデンスは、大都市にあるアパートのようなものもありますが、以下のような一見普通の住宅に見えるものもあります。このようなタイプのシニアレジデンスは、普通の家に住んでいるような気持ちになり、居心地が良いそうです。以下、写真でご紹介します。

アリゾナ州では65歳以上の人口が年々増えており、2017年の統計では17%を超え、全米平均の15.6%を上回っています。
様々な面でシニアたちに魅力的なアリゾナ州は、今後もリタイアした人々を惹きつけ続けることでしょう。